2015-05-26 22:27

今週のお姉ちゃんチェック

大きい女の子は好きですか? 2』(愛染五郎/竹書房バンブーコミックス)


amazon.co.jp


姉が所属する大きい女の子だらけのバレー部で主人公がハーレム状態という、姉属性なら大いに惹かれるコミックス第2巻。
わずか8話で部員の全員と関係を持つ、うらやまけしからん展開を繰り広げながら、お姉ちゃんだけは一線を越えなかった(未遂止まり)という第1巻。
これは姉本命ルート来るで! と期待したい続刊ですが、果たしてどうなのか!?

ところで、1巻で主人公が初恋だった先輩にした告白の返事が「弟って感じかな」でフられたみたいなことになってますが、あれ、フられてないですよね?
「弟みたいだから」なんて返事は、告白200%成功ですよね?

2015-05-17 22:53

今週のお姉ちゃんチェック

おねいも 1』(詩原ヒロ月刊モーニングtwo連載)


amazon.co.jp

タイトルだけ見て、「あねいも」のコミカライズか? と早とちりしたんですが、違ったようで。
でもそこで回れ右しなくて良かった。
"東北の田舎に暮らす、ちょっとおかしな姉妹がフリーダムに日々を過ごすまったりコメディ漫画"。
1話と2話が試し読み公開されているので、せっかくだからと立ち読みしたら、良い日常系姉マンガでしたよ、これ。
姉弟じゃなく姉妹ですが、姉のいるご家庭の風景を眺める点において、私は姉マンガ認定です。
思考回路がとことん残念な妹と、クールに見えつつどこか抜けてる部分のある姉。
田舎の情景を織り交ぜ、独特の雰囲気の中で姉妹がコメディを繰り広げます。

なんだか見覚えがあるような、と思ったら、姉系の同人誌も出されていた先生でした。



姉ゲーは1週間前倒しのチェックです。

『対魔忍ユキカゼ 2』(BlackLiLiTH)

amazon.co.jp


今やLiLiTHの看板作品、対魔忍シリーズの最新作。
なんと、紫の方のヒロインはお姉ちゃんだったのか......不覚。
ヒロイン・ゆきかぜの先輩対魔忍であり、主人公の姉の秋山凛子お姉ちゃん(CV:佐藤遼佳)。

学園の先輩対魔忍。ゆきかぜの幼馴染で姉のような存在。
主人公・秋山達郎は弟。太刀の使い手。
忍びの里に代々伝わる剣術『逸刀流』の皆伝。
〝斬鬼の対魔忍"と恐れられる手練の美しき剣客。
妹(ゆきかぜ)と弟(達郎)の世話をやくのが趣味で二人にとことん優しく
包容力があり甘いところが多々あるが、それは二人だけに見せる一面で、
学園の評判では強く美しく厳しい先輩として見られている。
恋愛より妹弟を愛でるのが楽しいためか、数多の男子の求愛にまったく興味を示さない。
女子生徒の中ではレズ説が囁かれ、
秘かに凜子様ファンクラブなるものが存在し
強い広がりを見せているが本人は至ってノーマル。
常にゆきかぜと行動をともにし、彼女を献身的にサポートしている。

弟の世話焼きが趣味、優しい、包容力、甘い、強く美しく厳しい先輩、妹弟を愛でるのが楽しい......
完璧じゃないか!
外見だけでもお姉さん度十分だったのに、内面まで姉気質だったとは。
サブキャラではなく、正ヒロインの一人として登場する以上、れっきとした姉ゲー認定です。



『love,VAMPIRE FLOWERS』(COSMIC CUTE)

amazon.co.jp

全寮制学園の園芸部員達が繰り広げる恋愛ADV。
筆頭ヒロインがその血を分け与えて蘇らせた、いにしえの吸血鬼を義弟にしているという一風変わった義姉弟モノ。

嵯峨黒羽お姉ちゃん(CV:柊香礼)

『love,VAMPIRE FLOWERS』を応援しています!

ドイツ育ちの帰国子女。 ハルトを復活させて拾った張本人。

病没した母、入院治療が続く弟の昭人と、家庭的には恵まれていないが、持ち前の明るさと元気で毎日を乗り切っている。

幼い頃から母のもとで庭仕事に精を出していたので、園芸は得意。
人に対しては時にぶっきらぼうだが、植物に対しては限りなく優しい。

自らの血によって復活させたハルトは大事な弟分。
からかったり、心配したりと忙しい。

「バカは死ねばいいのに、吸血鬼になんかなるから厄介なのよね」

一見、誰にも優しい優等生的お姉ちゃんに見えるのに、義弟・ハルトから見た姉は、
「口うるさくて身勝手なお調子者で、暴君とも言うべき恐ろしい姉――」
と紹介されているところを見ると、恐れ多くも吸血鬼を子分のごとく尻に敷く姉&頭が上がらない弟の図が想像できますね。
復活させた吸血鬼を弟に従える姉という特殊設定にも関わらず、姉度数はかなり高めと見ました。
しかもこのお姉ちゃんには実の弟までいて、ちゃんとサブキャラとして紹介まであります。



『ピュア×コネクト』(SMEE)

amazon.co.jp


レストランを主な舞台に、そこでアルバイトを始めた主人公が出会うヒロイン達との恋愛ADV。
キャラクター相関図で、レストランの女性支配人から見た主人公が「弟みたいでなんか可愛い」って書かれていたら、チェックするしか無いじゃないですか。
レストラン・喫茶店の店長キャラは、そんなに数は多くなくとも、姉業界では定番ですし。

牧原志帆おねえさん(CV:柚木サチ)

いつも一歩上手な大人のお姉さん

主人公のバイト先である「La pivoine(ラ・ピヴォワーヌ)」の支配人。
仕事に情熱を燃やす負けず嫌いな性格であり、
行動力と周囲への気配りもあるので
多方面からの信頼を貰っている実力者。
本来の自分と仕事のときの自分を使い分ける
二面性を持っている。
仕事中は厳しいが本来の性格は
のんびりとしており、心を許した相手には
とことん甘えさせてくれる。

恋愛のスタンス: 恋に積極的ではないが、その上で好きになった人には全てを受け入れる
主人公への感情: なんだか放っておけない年下の男のコ

家族的な姉キャラではなく、社会的な姉キャラというか、
先輩とは違う、上司系のお姉さんタイプ。
自立した立派な女性に目をかけてもらうことの喜びが分かるオトナな弟クン向けのヒロインといえるでしょう。

2015-05-10 22:30

今週のお姉ちゃんチェック

今週のお姉ちゃんチェックは......該当なし?
この「特に見当たらない更新」は、手抜きに見えて、実は勇気がいるのです。
重大作品を見落としてるんじゃないかって。
今週は何も無いぞという宣言ではないので、見落とし、チェック漏れがあっても姉のような広い心で許してください。

今週の姉作品は見つからずとも、通りすがりの親切な弟さんが
『姉のおなかをふくらませるのは僕』(原作・坂井音太/漫画・恩田チロ/別冊ヤングチャンピオン連載)
の新刊が6月19日発売決定と教えてくれました。
ミスリードを誘うタイトルで姉属性読者をおびき寄せ、なーんだそういうことねと思わせてからの、お姉ちゃんの姉力の高さで弟心をガッチリ掴むという二重の罠。
第1話を改めて読み返してみたところ、料理の内容は全然覚えておらず、お姉ちゃんのスキンシップ&弟いじりシーンばかり覚えていました。作者様すみません。

2015-05-05 22:33

今週のお姉ちゃんチェック

今週は連休中ということもあって、特にチェック対象は見当たりませんでした。

タレコミ欄でツッコミ頂いてますが、先月チェック漏れが1本ありましたね。
『D.C.II Dearest Marriage ダ・カーポII ディアレストマリッジ』(CIRCUS)
いや、てっきり過去作の詰め合わせか追加シナリオ程度かと思ったら、音姉メインの続編じゃないですか。
音姉と結婚して娘までできちゃうストーリー。
いや、ほんとすみませんでした。

2015-04-27 23:05

今週のお姉ちゃんチェック

今週は特にチェック対象が見当たりませんでした。

まあ、実はこの辺のアンソロジーとかはタイトル名で引っかかったんですが、隣のお姉さん系は一般的にはやっぱりウケないんですよね。特にここに集うような濃い弟さん方は。
しかもアンソロジーとなると、「姉好きではないけどオファーがあったので描きました」的な作品があった日にはションボリってなわけで。
あ、この本がそうだなんて言っているわけではありませんので、そこはお間違いなく。
作家陣は見知ったお名前の方も多く、むしろコストパフォーマンスの良い1冊と言えると思います!

Archives